このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

保証人がいないので融資をしてもらうのは厳しい...と諦めていました。(男性/50代)

男性/50代

私は飲食店を経営しているのですが、先日、資金繰りが上手くいかず、
給料日前というのに従業員の給料分の資金すらなくなってしまい困っていました。

そんな時にある知人に悩みを打ち明けたところ、ビジネスローンという存在を教えてもらいました。

善は急げということで、早速ビジネスローンを利用と思ったのですが、
その前に保証人がいないことに気づき、利用できないのではと一気に不安は押し寄せました。

しかし、諦め半分でビジネスローンを利用できるところを探していたところ、
保証人がいなくても融資をしてもらえる会社を見つけました。

申請する時は直接店に行く必要があると勝手に思っていましたが、そんなことはなく、
サイトからその場で申請することができたので、手間もなくすぐに申し込むことができました。

そして、審査をしてもらったところ、問題なく審査をパスし、融資を受けることが決まりました。

また、給料日も近づいていたので、早く融資できないかと思っていたところ、
審査の翌日には融資をしてもらうことができたので、従業員の給料の支払いを滞りなく支払うことができました。

資金繰りが上手くいかないと思ったときには絶望的でしたが、
諦めずに探したらすべてが上手くいったので、ビジネスローンを利用して正解でした。

以前までは、ビジネスローンに良いイメージを持っていませんでしたが、
今回こういう機会での利用とはなりましたが、利用してよかったです。

今後も何か困ったことがあれば、ビジネスローンを頼りにしたいです。

人気のビジネスローンのランキングはこちら

ビジネスローンのおかげで取引もスムーズにできました。(男性/30代)

男性/30代

ビジネスローンを使用したことで取引がスムーズに行えたと感じた際の体験談を話します。

ある取引を進めていたところ、今月中に取引先への支払いが必要になったのですが、
ちょうどその時は資金繰りに困っていて、取引先へのお金を捻出することが困難でした。

とはいえ、取引先へのお金の支払いは取引先への信頼にも関わりますし、どうにかしなければと日々葛藤していました。

会社を経営しているとお金の問題は尽きることはありません。
そんな最中でネットサーフィンしていたところ、とあるビジネスローンを見つけました。

今までも国からの融資や助成金、銀行からなどの融資も利用したことはありましたが、
ビジネスローンを専門としている金融業者を利用したことがなく、利用するのは不安でした。

しかし、いざ利用してみると審査も早く、審査後の融資もすぐだったので、
取引先への支払いを延期してしまうこともなく、お金を支払うことができたので取引もスムーズにいき、大満足でした。

また、実際のところ、資金繰りで赤字が続いていて、審査は通らないと諦め半分で申請しましたが、
赤字にも関わらず審査が通ったので、非常に助かりました。

後から聞いた話だと赤字でも必ず審査が通るわけではないようですが、
決算内容だけで審査を判断していないとのことで、経営者には非常にありがたいです。

今では取引も上手くいったので、資金繰りもやっと安定してきたので、
しばらく頼ることはないと思いますが、緊急時になれば、またぜひ活用したいです。

設備を充実させたいけど、まとまったお金がなくて困っていました。(男性/40代)

男性/40代

私は建築業を経営していて、十数年にもなるのですが、取引自体は上手くいっていました。

とはいえ、普段現場で使っている機械や設備は、使用する頻度と時が経つに連れて廃れていくもので、
そろそろ交換が必要となっていました。

しかし、創業時に整備した機械や設備の費用も返済し終え、やっと完全に黒字経営となり、
経営も軌道に乗り始めたところの設備交換なので、頭を悩ませました。

機械や設備のお金と考えると、実際に買い換えるにはまとまった多額のお金が必要になります。

そんなお金はいくら黒字経営だからとはいえ、用意するのは難しい状況でした。

そんなところで、友人との会話でビジネスローンの話があがったので、利用してみることを決断しました。

国からなどの助成金ではないので融資額は少額だと思っていましたが、少しでも資金の足しになればと思い申請したみたところ、
設備投資には十分であるお金を融資してもらうことができました。

審査後の融資も早く、すぐに設備を最新のものに買い換えることができました。

仕事は以前よりも質の高いものを提供することができるようになりました。

実際は設備投資をもう少し先送りにしようと考えていましたが、その必要はなく、
以前よりも仕事のクオリティが上がったことで取引先にも満足してもらえることが増えたので、すぐに買い換えてよかったです。

現場でも最新設備を使えるということで、無意識に笑顔が増え、現場の士気にも繋りました。

また、多額の資金調達が必要となった時はぜひ利用したいです。

人気のビジネスローンをランキング

数あるビジネスローンの中でも、口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

  1. ビジネクスト

    赤字決算でも申込み可能、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

  2. ビジネスパートナー

    他社の審査に落ちた場合でもOK、最短即日審査で無利息サービス有り、コンビニATM利用可能

  3. 資金調達プロ

    売掛金を売却して資金繰りを改善するファクタリングを採用、銀行融資を断られた方向け

よくある質問

ビジネスローンと銀行融資との違いは何ですか?

まず、ビジネスローンも銀行融資も事業者が資金調達に必要となるお金を借りる方法の1つです。

そして、2つともお金の融資をしてもらえるという点では同じです。
そのため、一見2つとも同じサービスのように感じますが、ビジネスローンと銀行融資はまったくの別の融資です。

銀行融資は一般的に経営者と融資担当者の打ち合わせをしたり、稟議書(りんぎしょ)を作成したりして、
融資課長、次長、支店長などは承認をしてやっと融資をしてもらうことができます。

そのため高額な融資もありますが、手続きや審査だけでかなりの時間を費やします。

一方で、ビジネスローンは無担保で融資をしてもらうことができます。
そのため、銀行融資に比べると、より早く融資をしてもらうことができます。

翌日から3日で融資を受けられることもあります。

また、ビジネスローンの場合は利用する会社によって限度額は異なりますが、
その限度額の範囲内であれば、何度でもお金を借りることができます。

ビジネスローンを利用する条件ってありますか?

利用する会社によって異なりますが、ビジネスローンの特徴として保証人がいなくても無担保で融資をしてくれます。

それでも、だいたい、どこのビジネスローン会社にも当てはまる条件としては、
"安定した収入があるかどうか"ということ求められます。

それを確認することで返済能力の有無があるのかどうかを判断しています。

そのため、独身で無職といった人は返済能力が乏しいので、審査が通らず、融資を利用することができません。
また、法人としてではなく、個人でも融資を利用することは可能ですが、個人事業主であることが条件となっていることが多いです。

逆に言えば、個人事業主になってしまえば、誰でも融資の対象ではあるということです。

個人でもビジネスローンを利用することはできますか?

個人でも利用することはできます。

ビジネスローン会社によって条件が異なりますので、絶対とは言えませんが、
基本的に法人あるいは個人事業主であれば、融資を受けることができます。

そのため、個人事業主でさえあれば、主婦だから融資を受けることができないといったことはありません。

個人事業主でない場合は、たいていのビジネスローン会社であれば、
個人向けのローンのサービスも行っているので、そちらから利用するようにしてください。

ビジネスローンの申し込み方法を教えてください。

一般的には電話、郵送、FAX、ビジネスローン会社の公式サイトから申し込むことができるようになっています。

ネットからの場合は、24時間いつでも受付をしていることがあります。

つまりネットからであれば、どこでも融資の申請をすることができます。もちろんビジネスローン会社によって異なるので、
利用する際は利用する会社の公式サイトを覗いてみるようにしましょう。

申請と審査は一緒ではないので、申請したからといってすぐに融資してもらえるというわけではありません。

ビジネスローンはいくらまで融資してもらえますか?

ビジネスローン会社によって限度額は異なりますが、
だいたい最低で50万円から最大で500万円までを限度額としている会社が多いです。

なかには、最大で1000万円までを融資限度額と設定している会社もあります。

限度額が高額な分、融資条件が厳しいこともあるので、利用する際は事前に確認したうえで申し込むようにしましょう。
とはいえ、銀行融資に比べると早い審査で融資してもらえるので、少しでも多くの資金がほしい方にはオススメです。

最短で融資までにどれくらいかかりますか?

最短であればその日のうちに審査結果がわかり、融資をしてもらえるビジネスローン会社もあります。

これも会社によって異なりますが、融資の早い会社であれば審査の翌日から3日以内が相場です。

そのため、まとまったお金をすぐに融資してもらいたい方は、
銀行融資などの他の融資方法を利用するよりもビジネスローンを利用した方が、早い段階で融資をしてもらうことができます。

申し込みに必要となる書類はありますか?

だいたい、どこのビジネスローン会社でも本人を確認できる免許証やパスポート、保険証などが必要になります。

ビジネスローンで融資を受けることのできる基本的な条件には、法人あるいは個人事業主であることが多いので、本人確認証明書以外にも、
数期分の決算書や登記事項証明書、確定申告書、借入計画書、印鑑証明書などといった書類も必要となることがあります。

また、法人と個人事業主によって、必要となる書類が異なることが多いので、
利用する際は利用する会社のサイトなどで、必要書類について事前に確認をすることをおすすめします。

ビジネスローンを誰にも知られずに利用することはできますか?

誰にもということは不可能ですが、家族や友人などには知られずに利用することはできます。

特に家族に関しては、郵便物でローンを利用していることがバレるケースがありますが、ビジネスローン会社によっては、
会社からの郵便物での通知をなくして、オンライン上だけで通知を行うこともできます。

しかし、融資したお金の返済が滞った場合などに督促状を送る場合は、本人住所として確認した住所先に郵送されるので、
そうならないように返済はきっちりとするようにしましょう。

ビジネス以外のためにお金を利用したいのですが、可能ですか?

ビジネスローン会社によっては資金使用の用途は、制限されていることもあります。

例えば、ギャンブルのお金のために融資を受けたいというのは、
返済する意思がないといっても過言ではないので、融資をNGすることもあります。

そういったことがないようにも融資したお金の使用には制限を付けています。

ただし、ビジネスローン会社によっては返済さえしっかりすれば、お金をどう使っても問題ないという会社もあります。

とは言いつつ、借入計画書などの提出を求められることも多いので、実際に融資を受けたいのであれば、
お金の使い道についてしっかりとした計画がなければ、融資をしてもらうことできませんので、安易な融資の申請はやめましょう。

申し込みは夜や土日でも可能ですか?

申し込み自体はビジネスローン会社によって、ネットからであれば24時間することができます。

しかし、受付と審査は別なので、受付をしたからすぐに融資を受けられるわけではなく、審査をパスしたうえで融資があります。
そして、融資の審査に関しては営業日に行われることが多いので、その分融資までにかかります。

そのため、受付してもタイミングによって融資の時間が遅くなってしまうことがあります。

返済にはどのような方法がありますか?

一般的に分割返済が多いです。会社によっては一括返済可能なところもあります。

カードローンを専門とする会社では、融資したお金の利子によって利益を得ている部分もあるので、
分割返済の途中で一括返済する場合、早期返済に対して違約金が発生することがあります。

そのため、ローンを申請する前に返済の方法、ルールについて知ったうえで申し込むようにしましょう。

今、お金を融資してもらえればいいからと、返済について適当に読み流すのは危険です。

返済の支払いにコンビニを利用することはできますか?

返済の支払いには大抵、カードローン会社の窓口、銀行、提携ATMからとなっています。

そのため、例えば提携しているATMがコンビニ内に置かれている場合であれば、
コンビニで支払うことが可能
ですが、そうでない場合はコンビニでの支払いはできません。

返済の利率はどのように決まっていますか?

利率に関しては、ビジネスローン会社それぞれで異なります。

また、利率の決定方法もそれぞれで異なります。そして、利率の決定方法に関しては、どの会社でも公表していません。
ただし、会社によって、サービスの1つとして一定の期間内の返済であれば、利子なしで返済することができるということもあります。

返済が遅れそうな場合はどうすればいいですか?

そういった場合の対応方法は、各ビジネスローン会社によって異なります。

たいていは、電話で問い合わせると、事情をうかがった上で返済の相談に乗ってもらうことができます。
返済が遅れそうな時にそのまま放置しておく人もなかにはいますが、遅れそうな場合は、すぐに電話で相談するようにしましょう。

返済が滞ると、会社から督促状が送られてくることがあります。それでも返済をしなかった場合は、法的手段を用いる場合もあります。

そのため、返済が遅れそうな時は、相談に乗ってもらえるので、
そういったサービスもしっかりと活用したうえで全額返済に努めましょう。

余裕がある月に多めにお金を返済することは可能ですか?

多くのビジネスローン会社では、お客様のご都合に合わせて、返済することが可能です。

しかし、商品によってや早期一括返済となると契約が異なり、返済方法の変更に対応していなかったり、違約金が発生することもあります。

そのため、最初に決めた返済方法と異なる手段を取りたい場合は、
事前に利用している会社に問い合わせることをおすすめします。

このページの先頭へ